医療費の計算でややこしい

歯医者の治療で久々にレントゲンを撮影しました。
会計時、案の定けっこうなお値段だったので、その場ではすんなり支払ったのですが、家にかえってきてからどうもモヤモヤな気持ちになりました。
レントゲンは何度か撮影してもらっていますが、いつもこんなにかかったかなあと思ったんです。

そこで、過去の領収書をさらってみたところ、やはりいつものレントゲン撮影時より会計が高かったんです。
どういうこと!?と一瞬病院に問い合わせようとして今回の領収書をよく見直してみました。

すると、画像撮影の点数自体はいつもと同じだったんです。
で、よくよく考えたら、カルテの都合上、前回の治療点数と今回の分合わせて今回会計しますとドクターに言われたのを思い出しました。
ああ、こういうことだったのかとやっと納得。

でも、医療費の計算ってホントややこしいです。
それにしても、今回ほど保険点数の明細が出ていてよかったと思いました。

昔のように合計金額しか出ていなかったらわからなかったですからね。